VA活動とVE活動ってどう違うの?

基礎知識
スポンサーリンク

「VA活動やVE活動って、どう違うの?」

「VE活動は設計から、VAは量産で行う売価低減でしょ?」

と、いうようにVA活動やVE活動は会社での改善活動や顧客からの要求で行われることがあるので、単純にコストカット、売価低減の活動を指すと勘違いをされている方もいらっしゃいます。

そのため、値段を下げることにばかり注意が行ってしまったり、参加者の理解度の違いによって目指す先が違うために活動自体がふわふわとして、結局何をやってたんだっけ?

と、いうようなことになりかねませんので、きちんとVA活動とVE活動の違いや目的を参加者全員が理解しておく必要があります

VA活動とVE活動の定義

VA(Value Analysis – 価値分析)量産製品に対して、バリューチェーン全体から原価低減を行う活動

VE(Value Engineering – 価値工学)製品開発(設計検討)段階から、価値の最大化を考える活動

価値(Value):製品やサービスの価値は、それが果たすべき機能を、そのためにかけるコストで除した関係にある

と、いうことで、VAはすでに量産している製品を対象としているため、製品に要求する機能はそのまま維持されなくてはなりません

左辺にある価値Vを向上させるのが目的ですが、右辺の分子である機能Fを変えずに行うべき活動となりますので、分母のコストCを削減することになります。

そのため、活動としては原価低減(コスト低減)が主となります。

VEでは、開発・設計の段階から価値の最大化を目的としているため、原価低減(コスト低減)だけではなく、機能の向上も含めた形で検討することで、価値の向上を考える活動になります。

VA/VE活動における”機能F”と”費用C”について

  • 顧客要求に沿うものが、”機能F”に含まれます。(例えば、品質や性能、安全性、納期、環境への配慮など)
  • 顧客要求への影響がなく、費用につながるものが、”コストC”に含まれます。(例えば、生産性や原価など)
  • これらの項目は、生産管理をする上で重要な7項目(PQCDSME)を基準にして見ることが大切です。

PQCDSMEとは?

一昔前では、「QCDで報告するように!」などと言われていましたが、今では労働者環境や社会とのつながりなどが会社に与える影響も大きなものへと変わってきています。

このようなマーケティングと強い関係性から、生産管理をする上で重要な7項目として、このPQCDSMEを基準として考えることが求められています。

例えば、”ただ作れば売れた時代”には、生産性だけを追求していましたが、”消費者が裕福になり、消費者が商品やサービスを選択する時代”となると、品質やコスト、納期などへの取り組みが重要となりました。

そして、”現在”では安全や環境、労働者のモラールへの関心も高まっており、これらが会社の評価に対するとても重要な要素となっています。

Productivity(生産性)目線での改善

労働生産性の向上、設備可動率や生産可動率の向上 → 生産しやすい工程など

いわゆるインプット(投資)に対するアウトプット(リターン)の割合です。

  • サイクルタイム短縮のために、材料の見直しや生産条件の変更の検討
  • 可動率向上のために、段替え効率の改善や不良率の低減
  • 生産性を悪化させる形状の見直し(機能には影響がないことが前提)

Quality(品質・性能)目線での改善

不良率の低減、検出率向上、機能充足度や満足度の向上 → 顧客要求の満足など

  • 標準作業の見直しによる不良率の低減
  • 検査工程、治工具設計の見直しによる検出率の向上

Cost(費用・経済性)目線での改善

原材料費や労務費、経費の削減 → 原価低減など

  • 買い方改善や代替品への置き換えによる原材料費の低減
  • 省人化や標準化による労務費低減

Delivery(納期・生産量)目線での改善

ジャストインタイム生産、輸送効率向上、スペースの有効活用 → 生産システムや物流など

  • 発注管理や生産管理、在庫管理による生産性の安定や在庫スペースの縮小
  • 梱包箱や収納方法の変更による積載効率の向上

Safety(安全性)目線での改善

使用者、利用者だけでなく、作業者の安全性も含めた安全の向上 → 労災やPL法、企業の信頼など

  • 定期的な検査による法規制遵守
  • PL法などの基礎知識の習得、社内教育の実施
  • 不安全行動の抑制につながるような設備、作業のチェックや教育訓練

Morale(モラール)目線での改善

職務満足度の向上、職場環境や帰属意識 → 働きやすい環境づくりなど

  • 作業者の負担になるような作業や、材料を取り除くような見直し
  • 現場の困りごとを吸い上げるなど、モチベーション向上につながる施策の実施

Environment(環境)目線での改善

廃棄物の処理、環境負荷物質への対応 → 法規対応、周辺環境への配慮など

  • リサイクル法、化審法の他、海外の環境規制の基礎知識習得、社内教育の実施

VA活動における注意点

定義に示されているように、VAでは機能Fを維持しなければなりません

そのため、下記のような活動を行うことはVAとしての改善にはならないため、注意が必要です。

事例1 労務費削減のため、品質検査員を配置することを止める

品質検査員を工程の最後に置いていましたが、省人化とサイクルタイム削減のために検査員を置くことを止めました。

もし、品質検査員がいなくても、顧客要求品質を満足できるような工程が作られていた場合には、VAとなり得ますが、そうではない場合には、品質Qの低下は機能Fの低下となりますのでVAとはなりません。

事例2 日本材を使うことになっていたが、中国材に切り替え

こちらも切り替えた中国材が全く同等性能であり、評価などを行った結果問題ないことが証明されており、コストが抑えられるのであればVAとなります。

しかし、きちんと確認がされておらず、性能が劣ったり、環境に影響のある規制物質が含有していた場合などは機能の低下となりますのでVAとはなりません。

さらに、過去にもこのような事例で環境規制物質が含有していることが後に分かり、切り替え当時までさかのぼって商品の回収、交換を行うことで数百億という損害を受けた企業もあります。

海外材料への変更は法規制での基準値が違う場合もありますので、注意が必要です

特に、このような問題が起きると、黙って他にも悪いことをしているだろうということで、信用を失うことにもなりますので、「面倒だから」、「どうせ分からないから」ということではいけません。

事例3 設備が動いているときでも作業者が作業できるように安全装置を切る

サイクルタイムの向上を図るためや、設備を止めると再起動に時間がかかるなどがあるため、光電管スイッチを切って作業させたり、設備を止めずに設備内に入らせる、もしくは定常的に動いている設備を触ることを良しとしている現場ではいけません。

作業者の安全は、顧客要求として求められるものではないため、機能Fには含まれませんので、ここが低下しても機能Fは低下しません。

ですが、事故が起きれば損害賠償や生産停止、信用を失うといった大きなリスクを負うことになります。

ちょっとした目先のタクト改善のために、経営に大打撃を与えかねないリスクを背負うことは、長期的な視点で見た時にコストCの低減とはなりませんので、そもそもコストの改善にはつながりません。

ここで一区切り

ここまで、VA活動とVE活動の定義、VA活動における注意点を整理してきました。

このあと、VEの方の基本原則と実施手順をまとめていきたいと思いますが、ボリュームが大きくなるため、いったんVAの基本知識をまとめたところで区切りたいと思います。