下2本の親知らずを抜くために入院しました

日常のこと
スポンサーリンク

10年ぶりの歯科検診にて、レントゲンで右下の親知らずの下に影が見られるということで、親知らずの抜歯を勧められました。

放置していても治ることは無いので、奥歯にも影響が出る前に抜いてしまうこと、そして横向きに生えており完全に埋まった状態なので、口腔外科への紹介状を渡すので、近くの総合病院で相談することを告げられ、嫌々行くことに。

抜歯の処置について

後日、予約した口腔外科へ伺いました。

診察の結果は、歯医者さんで聞いた内容と同じで、完全に埋まっているため、歯茎を切って親知らずを出して、割りながら取っていく方法でした。

そして、右の親知らずの下にはやはり影が映っており、膿が溜まっているか良性の腫瘍だろうとのことで一緒に取り治せるとのこと。

左の親知らずも同様に横向きで完全に埋まっているので処置としては一緒で、こちらは特に異常は見当たらないけれども、いずれ同じような状態になるかもしれないので、一緒に取ってしまうことをお勧めされました。

日帰り?入院?

片方ずつなら日帰り、2本同時であれば2泊3日の入院+3日目に抜糸のための通院。

もしくは、3泊4日の入院の3択を提示されました。

そして、顔が腫れるため手術のあと2週間は、特に写真を撮るようなイベントは入れないスケジュールで行うようにとのこと。

今回は、もし片方ずつ処置し、痛みがひどかったりしたときに、もう一方を再度抜きに行く勇気が出ないと思い、一気に二本抜くことにしました。

そして、3日目に通院するのも手間ですし、何かあったときにもすぐ対応していただける3泊4日の入院を希望し、憂鬱な気持ちができるだけ短くなるように最短の3週間後の予約を入れました。

いよいよ入院

入院に際して、会社へ休みを出したのですが、親知らず抜歯が怖くて見送っている方って結構多かったようで、あちこちから噂を聞きつけた方々が相談にきました。

ほぼというか、100%男性からの相談で、逆に女性はこちらの不安の相談に乗ってくれてました。

やっぱり男は痛みに弱いというか、怖がりですよね(笑)

そんなこともあって、入院と手術の様子を公開しようと思ったのですが。

入院初日

まずは午前中に入院手続きや問診などを行い、手術が可能かを確認して、午後に処置するとのこと。

当日のスケジュールは以下のような感じでした。

実は、前日まで夜になると咳が出始める気管支炎らしき症状が出ており、手術ができるか不安な状態でしたが、日中は比較的咳も減っていましたし、熱や鼻水などの症状がないことから許可がでました。

初日のスケジュールと様子

10:00 入院手続き、口腔外科で簡単な問診、病棟へ移動して入室

11:00 抗生剤の点滴30分

12:00 昼食

15:30 病室で待機していると呼び出しがあり、口腔外科へ移動して待機

15:50 手術開始(感覚的に説明、麻酔で10分、右の抜歯45分、左の抜歯30分でした)

手術は、麻酔で少しチクチクとはしますが、表面から徐々に入れていくため、よほど点滴や採血の注射のほうが痛いくらいです。

その後は押されたり、ドリル?のモーター音、歯を割るときのペキッという音などはあるので恐怖感はあるのですが、痛みはほとんどなかったです。

歯の根っこの部分はどうしても顎の大きな神経のそばを取っているため、最後に抜くときには痛みが少しありましたが、痛いと麻酔を足してくれたりしながら処置をして頂けたこともあり大丈夫でした。

ただ、やっぱり痛くなくても怖いので、終わった時には汗だくでしたけど(笑)

気管支炎の咳は麻酔のおかげか、緊張のおかげか、まったく出ることがなく助かりました。

16:15 終了(このときに止血用にガーゼを入れ、おおよそ30分は噛んでおくようにとのこと)

16:50 病室で担当の看護師さんがガーゼ取り出し、とんぷく(痛み止め)服用

なんとなく痛みを感じ始めましたが、まだ舌が痺れてますので麻酔はしっかりと効いています。

17:30 徐々に鈍痛を感じるように

感覚的には、軽い頭痛くらいです。唾は飲み込めないので吐き出すのですが、唾に血が多い状態です。

これからどんどん痛みがひどくなるんだろうなと少し心配。

18:00 麻酔もほとんど切れて舌が普通に動かせる状態

痛みはさっきより少しあるがまだ軽い頭痛程度で我慢するというほどのものでもないです。

風邪を引いてのどが腫れてるような感覚が出てきて、唾を飲むときに少し痛みを感じるような感じになってきましたので、基本的には唾はたまったら吐いてますが、だいぶ混じってる血も減ってきました。

18:30 抗生剤の点滴

19:00 夕食

切ったばかりなのに夕飯か…。と、思ったのですが、点滴前よりも痛くないことに気付きます。

夕食はおかゆや細かく刻んだ食べ物やペースト状のものが出ましたので、これなら食べられそうです。

噛むと顎が少し痛みを感じましたので舌と上顎でほぐしてほぼ丸飲み。

19:30 食後は痛み止めと胃薬を飲んで、うがい薬でのうがい

口内を回す程度で食事のカスを出す感じでやったのですが、当然だけどすごく染みてズキンズキンと、痛みが強くなります。

ですが、5分もすると落ち着いてきて、ホッとしましたが、まだまだこれから痛くなるのかと思うと不安です。

そこで、ちょうど薬剤師さんが処方した薬の説明にいらっしゃったので聞いてみました。

所長
所長

ネットとかで、”これからの痛みが大変”というものもいくつか見かけて不安なのですが…
これからもっと痛くなります?

薬剤師さん
薬剤師さん

6錠の”とんぷく”出しておきましたけど、大体退院されるときには3錠ほど残っていることが多いですね。
一般的には今晩が一番痛いと思いますので、17時前に1錠飲んでますから、23時までがんばって起きていて飲んでから寝ると良いですよ。
食後にも痛み止めと胃薬を飲んでますから大丈夫ですよ。

とのことで少し安心しました。

21:00 消灯

手術中は止まっていた咳が18時頃から少しずつ出始め、21時くらいには回数がそこそこ増えてきていたのですが、咳の衝撃での出血や痛みはなく大丈夫でした。

夕食後の痛み止めも効いてるのか、普通にしている分には全然痛みはなく、唾を飲み込んだりちょっと軽く噛むと鈍痛を感じる程度です。

23:00 とんぷく服用して就寝

手術で疲れたこともあり、朝までぐっすり眠ることができました。

2日目

6:00 いつも通り起床

起きてからも痛みはあまりありませんでしたが、少しずつ腫れてきて、顎に違和感があります。

軽く歯磨きをすると当然ですが、少し血が混じっています。

うがい薬で口内の消毒もしますが、昨日のような痛みはありませんでした。

7:30 朝食

食べるときに少し鈍痛を感じます。

さすがにまだ切れていますし、顎も腫れてきていて痛みがあるのだと思います。

痛み止めも切れてきているでしょうが、それでこの痛みであればだいぶ安心できる程度です。

10:30 抗生剤の点滴と採血

看護師さん
看護師さん

もうシャワー浴びても良いですし、コーヒーなども大丈夫です。
ただし、コーヒーなど飲み物は少し沁みるものがあるかもしれないので注意しながら飲んでくださいね。
食事もおかゆではなく、普通食に変えることもできますよ?

とのことでしたが、食事は特におかゆでも問題ないですし、まだ顎も痛いのでそのまま継続することに。

シャワーの予約だけして、コーヒーなども沁みると嫌なので今日は止めました。

午後

午後は、昨日の疲れなどもあるのか少しだるさがあり、横になって休みましたが、特に痛みはありません。

顔の腫れはますますひどくなってきています。

抗生剤の点滴をして、夕方に担当医の先生の術後チェック。

特に問題なく順調とのことで安心しました。

疲れもあり、この日は早々に寝ることに。

少し不安があったので、とんぷくを飲んで寝ました。

3日目

午前中

顔の腫れはピークです。このアイコンと同じくらい腫れてました(笑)

ですが、痛みは相変わらず少なく、軽い頭痛程度も感じません。

食事の時などに少し鈍痛はあっても、ちょっと痛みがあるな~くらいです。

この日も抗生剤の点滴を行います。

コーヒーも問題なく飲めますし、縫ってあるためのツッパリ感はありますが特に問題ありません。

午後

顔を見てみると、少し腫れが引いてきた気がします。

午後も抗生剤の点滴を行い、コーヒーを飲んでのんびり過ごすことができています。

22時過ぎに就寝しようと横になったのですが、咳がひどくなり眠れず。

咳がひどくても痛みや出血はないので助かりました。しかし結局1時過ぎまで眠れず…。

ウトウトと、寝たのか寝ていないのか朦朧とした意識の中で、つい顎を動かしてしまい、”バチンッ”と右下の親知らずのあったところで大きな音が聞こえて飛び起きます。

糸が切れたのか、肉が切れたのか不安でしたが、痛みがあるので不安でとんぷくを1錠飲み、また咳と1時間ほど戦って眠りました。

最終日

朝起きてうがいをすると、右側に沁みた痛みを感じます。

不安を感じながらも9時から抜糸。

所長
所長

実は、昨晩大変なことがありまして…(と、痛みが出た状況を説明)

先生
先生

それは大変でしたね。
じゃあ、ちょっと見てみましょうか。

んー、問題なく順調ですよ。
糸も切れていませんし、肉も千切れたりしていないので大丈夫。
抜糸しちゃいますね。

所長
所長

よかったぁ…

先生
先生

だいたい、10日~2週間で完治します。口内は治るの早いですからね。
それまでは様子を見ながら、歯磨きや消毒をしっかりとしてください。

と、いうことで退院です。

そして、顔の腫れはほとんど収まってきており痛みもありません

抜糸したことで、傷口がちょっとしたことで開くのではないかとの不安はありますし、傷口が突っ張る感じの痛みはありますが、特に問題なくこの日は過ごせています。

この記事を書いている今が、退院した日の夜です。

夕飯は普通のごはんを食べましたが大丈夫でしたし、痛みや腫れもほとんどありません

最後に

不安で不安で、色々なサイトで調べましたが、痛いとか、10日経っても腫れが引かないなどの記事にばかり目が行ってしまって余計に不安に感じていました。

ですが、病院で聞いたことや自身の経験で、そういったケースは逆に稀で、それほど大きな痛みもなく抜歯ができるのかなと終わってみて思いました。

不安で不安で、なかなか手術に踏み切れない方、怖いですけれども勇気をもって、一度口腔外科の先生に相談してみると良いかもしれません。

ひとつ、参考にしてみてください。

その後の費用や保険記事アップしました(2019-02-13)