アメリカでの出産費用の概略紹介

海外赴任
スポンサーリンク
アメリカでの出産記事

アメリカ赴任中の同僚からアメリカでの出産についての相談を受けて整理した内容を記事としてまとめています。

※長男出産時(2015年)の情報になりますので、多少変わってきたところもあるかもしれません。記事を参考に最新の情報を調べるなど利用いただけると幸いです。

今回は、出産にかかった費用になります。

出産費用について

日本の海外旅行者保険では妊娠・出産に関する費用が保障されないということで、実際に掛かった金額と保険適用によっていくらくらいになるのかをまとめておきますので、参考になればと思います。

ただし、保険によってカバーされる費用が異なりますので、あくまでも参考程度にして頂き、自身の保険ではどうなるのかは確認をして下さい

初回請求された費用(保険適用前)

診察 : $3,555 ( 初診 : $355 / 2回目以降 : $225 / 出産立会い : $950 )
検査 : $865 ( ウルトラサウンド 2回、血液検査、子宮頸がん検査、妊娠糖尿病検査 )
出産 : $10,055
麻酔 : $1,680 ( 無痛分娩 )
入院 : $2,410
合計 : $18,565

私たちは、子供の先天性異常を発見する検査は一切受けませんでしたので、それらの費用は発生しておりません。また、逆子であったり帝王切開といったこともありませんでした。

実際の支払い(保険適用後)

診察 : $455 ( 診察 : $25 / 出産立会い : $130 )
検査 : $0
出産 : $1,305(総合病院への支払い)
麻酔 : $1,000(無痛分娩)
入院 : $394(2泊3日)
合計 : $3,154

スポンサーリンク

請求について

アメリカの治療費の支払いは、入退院時や診察後に支払いをするのではなく、後日郵送で請求書が自宅に送られてきますので、その請求内容に従い、支払いを行うことになります

支払い方法としては、小切手を郵送、クレジットカード情報を連絡、インターネットでの支払いなどいくつかありますが、病院によって異なりますので、請求書に書かれている支払い方法を確認下さい。

インターネットやクレジットカード情報を電話で伝えて支払う際に、日本の住所入力が出来ない為に日本のクレジットカードが使えない場合があります。

私たちの出産した総合病院も日本のカードでの支払いができず、アメリカの口座にあったお金で支払いました。

日本のカードで払うつもりだったので、残高もギリギリで冷や汗かきました(笑)

請求書が届いた際の注意点

請求では、最初に実際に掛かった金額で請求書が届くことが多く、それを無視して放置しておくと、保険が適用された後にまた請求書が届きます

ですので最初は、上記にあるような実際金額の請求がきてすごく焦りました。

どうしようかと、人事マネージャーのアメリカ人に翌日明細を持っていって青ざめた顔で相談しましたが、放っておけばいいわよと言われて意味が分からなかった覚えがあります。

最初の請求書のあと、30日、60日、90日と日にちが過ぎて、保険適用範囲の確認ができると、保険が適用されて金額が更新され、下がっていくことが多いので、しばらく待ってみてから支払うようにします。

90日過ぎて忘れていても、催促の電話が来るくらいで、その後も特にペナルティもないそうです。

同僚も同時期に出産したのですが、明細を誤って捨てたり紛失してしまったそうで、支払いすることを忘れて3ヶ月ほど放置していたところ電話がかかってきたとのことでしたが、特にペナルティなどもありませんでした。

ですので、焦らずきちんと保険が適用された請求書が届いてからの支払いを行えばOKとのことでした。

出産育児一時金

海外出産の場合でも出産育児一時金の申請が可能です。

日本での出産では支給される額が42万円ですが、海外出産の場合には39万円になりますがとても助かりました。

所属している健康保険組合を通して、忘れずに申請をして下さい

但し、日本に住んでいない為、(住民票を残してきていても)児童手当は出ませんので御注意下さい。

私の勤める会社では、私のこの経験から帰任後に海外赴任者が不利益と感じる手当ての支給を会社がきちんと補填する取り組みを進めて、現在では児童手当相当額を会社が同じように支給する規定を作っていただきました。

なかなか行ってみないと分からないこともあります。

総務や人事でもすべてを把握できるわけではないので、社内で情報を共有しながら赴任者が安心して生活し、仕事ができる環境を整えられると良いですね。

※医師や出産する病院でも費用は大きく変わってきます。ひとまずの目安として参考にして頂ければと思います。

※夫婦ともに日本国籍を有し、出向による赴任が前提としてありますので、状況の異なる方には当てはまらないこともあるかと思いますので、御注意下さい。