通貨オプション取引

基礎知識
スポンサーリンク

将来の為替リスクによる売買価格の変動に備えるために行う通貨オプション取引。

FXを何年も趣味でやっているので、売買取引の考え方については理解していたつもりですが、中小企業診断士の財務会計に出てくるグラフがどうにも理解できないということでまとめます。

円をドルに換えて商品を購入

100ドルの時計を買おうと思いますが、日本円しか持っていませんので、銀行からドルを購入する必要があります。

要するに銀行窓口で100ドルに円を換金します。

1ドル110円であれば100ドルに換金するために11,000円を払う必要がありますが、1ドル90円であれば9,000円で済みます。

この時、1ドル110円は1ドル90円に対して円安ドル高と言います。

円の価値が安く、ドルの価値が高い

と、いうことを意味し、円の価値が安い(低い)のでドルに換えるために多く必要となります。

逆に1ドル90円は、1ドル110円に対して円高ドル安となり、円の価値が高いので、ドルに換えるために必要な量が少なくて済むということになります。

将来の為替リスクに対しては

現在が1ドル100円だとして、将来、例えば3ヶ月後に1ドルいくらなのかは誰にも分かりません。

ですから、そのリスクに備えつつ、利益を得られるチャンスも残しておこうというのが通貨オプション取引になります。

例えば、『将来円安になりそうだから、1ドル100円のコールオプションを買おう』と、いうのは、将来の決まった期日に1ドル100円でドルを購入することができる権利を言います。

逆にプットオプションというのは、将来の決まった期日に決まった価格でドルを売れる権利を言います。

この1ドル100円でドルを購入する権利であるコールオプションを買ったあと、期日が来ました。

この時に円安に値が動き、1ドル110円となった場合、オプション取引の権利を行使することで、1ドル100円でドルを購入することができますから、1ドルあたり10円の損失がカバーできたことになります。
(オプション取引手数料はここでは考えていません)

逆に、円高に値が動き、1ドル90円になった場合、オプション取引の権利を行使せず、放棄することでそのまま1ドル90円でドルを購入することで、1ドルあたり10円お得に換金できることになります。

グラフにすると

1ドル100円よりも円高に進めば大きな利益になりますし、円安が進んでも通貨オプション取引で設定した、”1ドル100円”よりも円安の状態では損失が限定されます。

そして、私が良く理解できていなかった点が、今グラフを書きながら分かりました。

この横軸の”原資産の市場価値”のところ、この原資産をドルだと思ってしまっていたので、いつも回答が反対になってしまっていたのですが、原資産というのは現在保有している円のことを指していたのですね…。

せっかくなので

よくFX会社のニュースには、”ドル円リアルタイムオーダー=109.50円OP20日NYカット”のような表示がされます。

これは、「NY(ニューヨーク)オプションカットと言って、先ほどの通貨オプション取引における権利行使の最終的な締め切り時間を、20日の日本時間24時(サマータイムの時には23時になる)に迎えますよ」と、いうことを意味します。

そして、111円、110.5円、110円とたくさん20日のオプションカットが設定されていますが、この中で一番多くの取引が集中しているのが、”売り厚め”や”NYカット大きめ”と書いてあるところになります。

先ほどまでのオプションについては、オプションを買った人目線で書いてありますが、買う人がいるということは売る人がいて初めて取引が成立しますから、売った人の目線でもこの取引についての状況を考えることが必要です。

オプションを買った人たちが、円安のリスクを限定し、円高だと大きな利益を得るということは、オプションを売った人たちは円高だと損失が拡大し、円安だと利益が限定されることになります。

つまり、オプションに絡む値動きは以下のような流れとなりやすくなります。

1ドル110円でオプションを買った人たちは、円高だと嬉しい。

反対に1ドル110円のオプションを売った人たちは円高より円安が嬉しい。

ですから、例えば109.50円ではオプションを売った人たちは損失があるので、110円へと値が進むように、ドル買い方向のトレードをしかけます。

110円に近づいてくれば、オプションを買った人たちは利益が小さくなってきますので、円買い方向のトレードをしかけます。

これが防戦売りや防戦買いと言われるものです。

このように双方の思惑で売り買いが活発になるため、NYカットの時間に近づくにつれて110円に収束しやすく、逆に突破されれば手仕舞う向きのトレードも活発となるため、ストップロスを巻き込んで、値が一方に動きやすいという状況になります。

と、いうことから、こういったニュースが出ているのですが、私はこの情報を元に取引して利益が得られた覚えがほとんどないので、あまり参考にはしていません。

オプション取引の試験対策の雑談として、記憶に残ればと思いますが、これだけをもってFXの取引はしてはだめです。