戦略やビジョンを評価する4つの視点

企業経営理論
スポンサーリンク

バランス・スコアカードの流れにおける戦略とビジョンを適切に評価していくことが、将来あるべき姿へ到達するためにとても重要な要素となります。

今回は、この評価をするときに用いる4つの視点についてまとめていきます。

4つの視点とは

バランス・スコアカードにおける戦略とビジョンを評価していく視点は、「財務の視点」「顧客の視点」「業務プロセスの視点」「企業成長と学習の視点」の4つあり、これらの視点で企業の業績を評価していきます。

従来は、財務的な視点からのみ評価をしてきましたが、財務的視点は過去の業績のみを表すため、それでは不十分で、企業成長と学習の視点や顧客の視点などのような将来を見通した視点からも業績を評価することが重要と判断されるようになり、4つの視点での評価へと変わってきました。

経営層は、これら4つの視点を統合し、将来のあるべき姿や経営ビジョンを実現するための指揮を設定していきます。

4つの視点で見ていくポイント

財務の視点

収益拡大や売上の増加、株価向上といった戦略目標に対して、株価やROE、売上高や利益、資金、財務比率といった評価指標を設定します。

そして、これらの評価指標を達成するための具体策として、”LEDへの変更のような経費削減”や、”遊休設備の再利用や売却”、”ディスクロージャー”などの活動を行います。

顧客の視点

顧客表彰の獲得や顧客満足度の向上、ブランドの訴求といった戦略目標に対して、市場シェアやクレーム発生件数、不良率といった評価指標を設定します。

そして、これらの評価指標を達成するための具体策として、”POS、EOSの導入”や”検査の信頼性向上”、”顧客サービスの向上”などの活動を行います。

業務プロセスの視点

新製品開発や品質管理の徹底、生産効率の改善といった戦略目標に対して、生産性や原価構造の改善、一般管理費や在庫数量といった評価指標を設定します。

そして、これらの評価指標を達成するための具体策として、”材料費削減に向けた買い方改善”や、”サイクルタイム短縮”、”在庫日数の低減”などの活動を行います。

企業成長と学習の視点

スキル向上やナレッジ・マネジメント、企業風土の改善といった戦略目標に対して、教育訓練費や訓練実施記録、社内提案数といった評価指標を設定します。

そして、これらの評価指標を達成するための具体策として、”社内研修制度”や”表彰制度の導入”、”再雇用者による教育訓練”などの活動を行います。

整理すると…

企業の将来あるべき姿と現状のギャップをこれら4つの視点から見極め、将来の目的に到達するために必要な要素、またそれを阻害する環境など、SWOT分析を使いながら抽出していきます。

この抽出できたものがKSF(Key Success Factor)です。

そして、目的に到達するための要素を満たすための指標としてKPI(Key Performance Indicator)を4つの視点に沿う形で設定していきます。

徐々に具体的なアクションプランへと落としていくことで、会社方針⇒部方針⇒課方針⇒担当者ごとの活動方針へと浸透し、会社全体で同じ方向性を持った活動が出来ていくようになります。

さて、次回でバランス・スコアカードのつながりも最後になります。

これらの活動を推進する上で必要なマネジメント・システムであるPDCAサイクルについてまとめていきたいと思います。